④⑥⑧(ヨーロッパ)でも①①①(ピンピンピン)

こんなブログにマジになっちゃってどうするの(他人事)

3/6雑記

名古屋競輪開設65周年記念金鯱賞争奪戦・楽天カップ初日の出走表が発表されたので、注目レースを取り上げてみる。

第3レース

オールS級2班戦

注目は地元の舘ひろし…もとい、舘泰守と清水広幸、そして第40回競輪祭※優勝の加倉正義。

※この大会は北九州メディアドーム元年(1998年)の大会で、1着入線の吉岡稔真が失格になり、2着入線の加倉が優勝した。

第5レース

注目は今年のいわき平記念最終日で失格になり痛烈なヤジを浴びた高久保雄介と、有力逃げ屋の少ない埼玉で23歳にして中田健太※みたいに逃げ屋やめちゃった武藤龍生。

※中田健二の息子。大宮では同世代や後輩に対してデカイ顔してるらしい。西武園の一部選手とは仲が悪い。

第7レース

注目はヤンググランプリ優勝の近藤龍徳。

24歳で脚質を自在にするなんてね。3世選手でも見くびられるよ。

第9レース

注目は初代S級S班でありながら、その実力を露呈させ、見事にSS2班※呼ばわりされた遠澤健二。

※当時のS級S班は18人制で、実力下位9人をSS2班と呼んでいたそうな。

第10レース

遺恨試合かと言われんばかりの組み合わせ。

村上義弘と2013年西武園記念の覇者萩原孝之、そして昨年の宮杯(さる識者にはSS11のメンバーが不参加の格落ち大会と呼ばれたらしい)の覇者、稲川翔が注目(?)

第11レース

注目は今年のダービー制覇にやっきになってるらしい平原康多と、ここ最近調子のいい天田裕輝。

第12レース

注目は税金支払いが大変なことになった(2013年に約1億8900万の稼ぎをしたのに、2014年は約5900万しか稼げなかった)金子貴志と、最近やっとこさ復調の兆しを見せつつある深谷知広。

 

今回はこのくらいで。