④⑥⑧(ヨーロッパ)でも①①①(ピンピンピン)

こんなブログにマジになっちゃってどうするの(他人事)

9/18雑記

昨日、広島東洋カープセリーグ優勝を果たした。

 

しかし、その裏ではパリーグがおかしなことをやってのける。

楽天対ロッテ20回戦

イーグルスは3点差で迎えた9回裏、藤田、アマダー、ペゲーロの3連打で同点に追いつき、なおもランナー満塁で銀次。ロッテ松永がデッドボールを与え試合終了。4対3で楽天の勝ち。

 

西武対ソフトバンク24回戦

壮絶な点の取り合いとなった。

西武は初回に4点を先制するも、3回に先発のウルフが捕まり降板。この後マウンドに上がった平井が何とか抑え4対4。しかし、4回にマウンドに上がった3番手ガルセスが大炎上。続けて上がった藤原も打たれこの回7点を失う。その裏、西武は1点を返す。焼け石に水かと思われたが、6回に3点、7回に2点を返し1点差まで猛追。さらに8回、2アウトランナー1,2塁の状況で森友哉がタイムリスリーベース。逆転に成功する。9回、マウンドに上がったのは増田。しかし、ホークスの先頭打者デスパイネがホームランを放ち12対12の同点に追いつく。その裏、西武はサヨナラ勝ちできず、2日続けての延長戦に突入。10回表、1アウトランナー3塁の場面で今宮健太がタイムリーツーベースを放ち13対12にする。その裏、ホークスはモイネロがマウンドに上がる。しかし、代わりばなを源田が叩く。ランナー2塁で浅村が倒れるも、代打の坂田がフォアボールを選び、ランナー1,2塁。次の打者は森友哉。ここで源田、果敢に盗塁を決めランナー1,3塁とし、森がライトへ同点となるタイムリーヒットを放ち、なおもランナー1,2塁。ここで2塁ランナーを坂田から水口に代える。バッターは金子侑司。金子侑司に3球投じたところでホークスのモイネロが肘と前腕に違和感を訴え降板。寺原がマウンドに上がる。金子侑司はここで左打席に立つ。そして、寺原の5球目を叩き、サヨナラタイムリーツーベース。

14対13で西武の勝ち。

最高に馬鹿馬鹿しいレベルの点の取り合いである。

 

広島東洋カープの優勝が霞むようなことをするんじゃない。

 

おもしろいからいいけど。

 

今回はこのくらいで。