④⑥⑧(ヨーロッパ)でも①①①(ピンピンピン)

こんなブログにマジになっちゃってどうするの(他人事)

寛仁親王牌優勝者予想

まとめてみた。

(以下、個人の主観がたくさん入ります)

武田豊樹(茨城)
ここまで寛仁親王牌全日本選抜を制覇していないのでガチな上、宮杯を制覇しているので期待値は高い。
稲垣裕之(京都)
宮杯逃したのはかなり大きい。もうチャンスは少ないだろう。
村上義弘(京都)
昨年はSS11のアレで不参加。一昨年は準決勝で負けた挙句、最終日で脇本の脇見落車の巻き添えになるなど踏んだり蹴ったりの目に遭う。
親王牌が弥彦に移った2011年以降、一度も親王牌の決勝戦に進出していないので、ガチにはなっているだろう。
何一つ期待してないというと嘘だが、100%の期待はしてない。
ただ、何かやりそうな雰囲気はある。
今年の宮杯決勝で3着。まぐれ感は高いが、成田和也よりはマシになっている。
(なんちゃって福島の)伏見以来の北日本勢のグランプリ制覇の確率を上げるつもりが少しでもあれば、マジにはなるだろう。

今回はこのくらいで