④⑥⑧(ヨーロッパ)でも①①①(ピンピンピン)

こんなブログにマジになっちゃってどうするの(他人事)

4/29雑記

ひょっとしたら今年で最後になるかもしれない共同通信社杯が終わった。

決勝メンバーの顔ぶれを見て、記念ないしは良いメンバーを集めたS級シリーズの決勝だと思った人は少なくないだろう。

結果、優勝は神山雄一郎
稲垣も新田もなぜインを開けるかな?
神山はイン突きもできるくらいのベテランだぞ。
まあ、新田が優勝しなかったから許すけどね。

武田が飛び、村上兄弟が飛び、平原が落車。
この段階で(俺は)やる気が失せたから、もうどうでもよかったけど、負け戦で渡辺一成が捲り一発(しかも死に駆けの矢野を番手捲りした武田を捲ってである)を決めるあたり、まだ捨てたもんじゃないなとは思う。

次の特別競輪は5月の全プロ記念(別府)ではなく、6月の高松宮記念杯競輪
関東軍団だと、平原と武田が機関車(先行屋)に徹するかで誰が優勝するかが左右されるところ。
岸和田開催なので、地元の稲川が頑張りそう。近畿勢も村上兄弟ばかりがタイトル持ち帰る(稲川の時はSS11騒動で主力がいなくなったところでの棚ぼたなんでノーカウント)なんて言われ続けて何年も経つので、脇本あたりが頑張らないことにはどうにもならない。

決勝戦の日が戸松遥ライブツアー大宮公演なんで、ひょっとしたら車券購入する(大宮競輪場での場外発売は決定)かもしれないが、予想だけにとどめるのが一番。

今回はこのくらいで。