④⑥⑧(ヨーロッパ)でも①①①(ピンピンピン)

こんなブログにマジになっちゃってどうするの(他人事)

4/23雑記

26日から始まる共同通信社杯
普段のグレードレースとは違い、若手を主体に選抜するため、年寄りは基本的には少ない。
最年少出場選手は野原雅也(103期・福井)で21歳。最年長出場選手は萩原操(51期・三重)でなんと51歳。

(若手主体の共同通信社杯にもそろそろ年齢制限つけようや。40歳未満限定とかさ)

最近のS級競輪選手の高齢化がいかに深刻かがわかる。
ギャンブルレーサーの頃は30代後半でジジイ呼ばわりなのに、今や30代の逃げ屋も少なくなく、20代でマーク屋転身が邪道と言われかねない時代になってしまった。

まあ、共同通信社杯無くなるなんて言われてるからな。

共同通信社杯がなくなったら、代わりのGⅡ相当の開催は何になるのやら。
何にせよ、若手選手の登竜門的大会はこれからも必要だと思う。
だけど、30代後半以上の選手をあまり選抜しないでもらいたいと思うのは、私だけにとどまらないだろう。

今回はこのくらいで。