④⑥⑧(ヨーロッパ)でも①①①(ピンピンピン)

こんなブログにマジになっちゃってどうするの(他人事)

1/19雑記

1/19雑記

今回は競輪のなんちゃって記念の特集。
なんちゃって記念とは、特別競輪が近いためにまともなメンバーが来ない(例えば、S級S班の9人が欠場とか)ことや、賞金が安いため(競輪選手ってみんなお金大好きでなきゃおかしい)に、記念の決勝で明らかに格が落ちる選手(例えば、特別競輪に出られなかったりするような選手や、特別競輪で6番(競輪では1番弱い選手の車番)を背負うような選手)が来やすい開催のことを言う。

今年上半期最初のなんちゃって記念は別府。賞金が安いのもあるけど、宮杯終わって1週間後だから、九州(特に大分)の選手を主体に斡旋するので、S級S班が誰もこない恐れがある。
2回目は前橋。寛仁親王牌が1週間後なので、スピードが出やすくて危ないバンク(深谷知広が昨年のオールスター競輪で落車事故を起こして重症を負っている)の前橋の記念にS級上位メンバーで寛仁親王牌に得点上位で出場決定した選手はまず家事都合欠場するだろうね。
ただ、確実に優勝できる選手や、全日本選抜、日本選手権、宮杯を優勝した選手なら欠場しないと思うが。
3回目は福井。寛仁親王牌終了後なので、一昨年のように落車多発の場合は、良いメンバーが欠場する可能性が高い。
4回目は岐阜。オールスター競輪が1週間後の上、オールスターの斡旋予定選手が143人(補欠8人含む)なので、中部勢でも無い限りは来ない可能性が極めて高い。

いずれも予想なのであまりアテにはしないでもらいたい。

今回はこのくらいで。