④⑥⑧(ヨーロッパ)でも①①①(ピンピンピン)

こんなブログにマジになっちゃってどうするの(他人事)

スフィアの寸劇の続き?

 

 

スフィアの3rdライブツアー「~Sphere’s eternal live tour 2014~」の寸劇の最終回での歌唱パート(?)の続きを考えてみる。

 

寿「遠く遠くへと、出発から4ヶ月~♪」

4人「♪」

高「100円でい…」

寿「うるさい!!」

 

高垣さんはなんと歌いたかったのだろうか…

続き予想

「100円でいいから、お金貸してくれ〜♪」

 

現実的すぎる…

 

さて、こんな馬鹿げた妄想はさておき、12/9(火)は松戸記念の最終日。

松戸記念が終わると、広島、佐世保の開設記念。そして岸和田で行われるKEIRINグランプリシリーズ。

初日はガールズグランプリ、2日目はヤンググランプリ、そして3日目最終日は1年間の総決算となるKEIRINグランプリ。

 

ガールズグランプリの出場予定選手は以下の7人。

梶田舞(104期・栃木)

中村由香里(102期・東京)

石井寛子(104期・東京)

加瀬加奈子(102期・新潟)

中川諒子(102期・新潟)

山原さくら(104期・高知)

小林優香(106期・福岡)

 

個人的な優勝予想は実力者の石井寛子、2連覇のかかる中村、106期で最も強い小林の3名に絞られるが、最後まで何が起こるかわからないのが競輪でもある。

 

ヤンググランプリの出場予定選手は以下の9人。

三谷竜生(101期・奈良)

小原唯志(101期・茨城)

吉澤純平(101期・茨城)

金子幸央(101期・栃木)

坂本将太郎(101期・栃木)

土屋壮登(101期・埼玉)

近藤龍徳(101期・愛知)

野原雅也(103期・福井)

小岩哲也(101期・大分)

栗山俊介(103期・奈良)

 

この中で唯一のS級1班の三谷が有利という見方が大半だが、今年のルーキーチャンピオンレースで優勝した野原雅也も侮れない。

101期ルーキーチャンピオンの吉澤純平など101期ルーキーチャンピオンレースに出場した選手が4人も出場しているとはね。

まあ、普通に考えたら連携がうまくいったもの勝ちだよ。

 

(12/11追記。吉澤純平選手は負傷のため欠場。11/12の松山S級シリーズでの落車が原因と思われる)

 

(KEIRINグランプリの出場メンバーは過去のブログで発言しているので割愛)

 

そんなKEIRINグランプリシリーズですが、西武園競輪では最終日のみの発売です。

(シリーズ全部売れバカと言いたいところだが、立川が近すぎるので仕方ない)

グランプリシリーズをすべて楽しみたい方は岸和田競輪場、場外発売をしている競輪場、またはネット配信で。ネット配信なら一定以上のスペックのインターネット接続環境がある方なら誰でも無料で見れます。

KEIRIN.JPのホームページからKEIRIN.JPストリームに飛ぶことができますので、お金をかけずにタダで楽しみたい方はそちらで。

また、寒くて家から出たくない方、30日に大掃除をするという方も、こういう楽しみ方があるということを覚えておいてください。

競輪中継のほとんどは予想ありきのくだらない話とオッズ画面のBGMでできています。レースなんてせいぜい3分半を11回です。単純計算にすれば38分30秒です。

10時から17時までの中継のうち、3分半のレースを11回繰り返すだけって思ったら、ちょっと気軽でしょ。

 

今回はこのくらいで

(スフィアを前置きにするなよ)