④⑥⑧(ヨーロッパ)でも①①①(ピンピンピン)

こんなブログにマジになっちゃってどうするの(他人事)

スフィアライブツアー2017神奈川公演ウラ話

昨年10月以来の神奈川県。

3年前にも行ったけどロクに観光もしてなかったので、今回は観光も兼ねて。

f:id:ohnoakihiko:20170605095648j:image

まずは3年ぶりの横浜スタジアム

もちろん試合は見ない。

f:id:ohnoakihiko:20170605103633j:image

続いて、中華街。

肉まん1個だけ食べて立ち去る。

その後、マリンタワー氷川丸を巡る

f:id:ohnoakihiko:20170605103737j:image

 f:id:ohnoakihiko:20170605103742j:image

 

そして、県民ホール

 

ライブの内容は省略

初日→スフィアライブツアー2017神奈川公演初日 - ④⑥⑧(ヨーロッパ)でも①①①(ピンピンピン)

2日目→スフィアライブツアー2017神奈川公演2日目 - ④⑥⑧(ヨーロッパ)でも①①①(ピンピンピン)

 

そして2日目の帰り道

f:id:ohnoakihiko:20170605104058j:image

f:id:ohnoakihiko:20170605104101j:image

神奈川県庁を見て、帰る。

 

帰りの電車で川崎フロンターレのサポーターに四方を包囲されるというハプニングを除けば、衝撃的なことは無し。

 

次に神奈川に行く機会はしばらくは無いだろう。

 

 今回はこのくらいで。

スフィアライブツアー2017神奈川公演2日目

2日続けて神奈川県立県民ホールへ。

 

注意

以下の文章にはネタバレが含まれています。

 

開演 16:33
終了 19:01

 

セットリストは以下の通り

1. SPHERE-ISM

2. HIGH POWERED

3. CHANCE!

4. LOST SEASON

5. キミが太陽(アコースティックバージョン)

6. My Only Place

 

7. black hole / 寿美菜子

8. BIG WAVE / 戸松遥

9. love your life / 豊崎愛生

10. Futurism / 高垣彩陽

音雨エンタテイメント旅行クラブ

 

11. Eternal Tours

12. Non stop road

13. Now loading...SKY!!

 

14. & SPARKLIFE

15. MOON SIGNAL

16. LET・ME・DO!!

17. 情熱CONTINUE

18. Miracle shooter

 

19. NEVER ENDING PARTY!!!!

20. キミ想う旋律

 

青字は前日との変更点(ソロパート除く)

5曲も変わっていた。

 

以下、気になったこと。

・アコースティックバージョン

今日の曲は『キミが太陽』

普段のライブなら盛り上がる曲もここではしんみり。

高垣彩陽の重大発表

新曲の初披露。

タイトルは『Futurism』

7月から放送されるアニメ戦姫絶唱シンフォギアAXZ(アクシズ)のEDテーマ。

こんなところで聴けるとか嬉しいわ。

・寸劇

今回の寸劇はメンバーが中華街の近くにあるインチキ(?)中華料理店(スー・フィー・アー)に入るというネタ。

とまっちゃんのエセカタコト日本語は中華街にいそうな中国人女性のような感じ。

愛生ちゃんの関西弁幼女声はなかなか。

結局のところ、寿美菜子以外無茶しすぎ。特に高垣彩陽。昨日に引き続き無茶しすぎ。

・コール&レスポンス

昨日書かなかったが、「We are SPHERE!!!!」のコール&レスポンスがあった。

小さい声や大きい声で明らかに高垣彩陽が無茶してた。

(無茶しやがって)

戸松遥の言い間違い

ブロマイドのコメントの集大成という字を間違えたことに加え、集合体という言葉まで出ていた。矢作紗友里に顔がうるさいと言われたことのある戸松遥の集合体とか想像しただけでうるさい。

・最後の曲

今回の最後の曲、キミ思う旋律(そら)では客も歌唱する。その際にはまさかの高音(というか声真似。実は中学の頃の合唱コンクールではテノールやってたんだよ。あと、背丈がそこまで高くないから地声だと他人より低くならない)を最後の部分を除いて出せる始末。曲が終わるとなぜかホロリと涙が。

ライブで泣くとかなかなかない。

 

個人的感想のパート

ダメだ、涙腺が緩んでる。

充電期間前最後のライブツアーの最初でこれなら、ツアーファイナルの幕張はいったいどうなるんだって話。

帰りの電車の中で思い出し泣きしそうになったし、このブログ書いてる最中にも泣きそうだから。

ファンのマナーについては、起立禁止の3階席最前列で立ってるやつが見えたことを除けば、今日は特に咎める点は少なくとも俺の周りではなかった。

ファンの一人一人がマナーに対する意識を持ってライブに臨んでもらいたいものだ。

 

次の参戦はおそらく鳴門公演だと思う。

 

今回はこのくらいで。

(敬称略)

豆知識

声の高低は基本的には背丈で決まる。背が高くなればなるほど声は低くなる。ジャイアント馬場(210cm)の声が独特の低さ(伊集院光いわく、ジャイアント馬場という楽器)なのはそのため。

また声紋鑑定で身長、性別、年齢、顔形等ががわかることもある。

スフィアライブツアー2017神奈川公演初日

行ってきました。神奈川県立県民ホールへ。

 f:id:ohnoakihiko:20170603235403j:image

注意

以下の文章にはネタバレが含まれています。

 

開演 18:01

終了 20:30

 

セットリストは以下の通り

 

1. SPHERE-ISM

2. HIGH POWERED

3. 愛に出会い恋は続く

4. LOST SEASON

5. 微かな密かな確かなミライ(アコースティックバージョン)

6. My Only Place

7. モノクロ / 戸松遥

8. Live & Try / 高垣彩陽

9. Shiny+ / 寿美菜子

10. ハニーアンドループス / 豊崎愛生

寸劇:音雨エンタテイメント旅行クラブ

11. Eternal Tours

12. Non stop road

13. 君の空が晴れるまで

14. & SPARKLIFE

15. MOON SIGNAL

16. LET・ME・DO!!

17. Pride on Everyday

18. Miracle shooter


19. Spring is here

20. キミ想う旋律

 

以下、気になったこと。

 ・アコースティックバージョン

微かな密かな確かなミライ”は立って聞きたかったね。意外と泣ける。

・ソロパート

戸松遥は学生服風の衣装、高垣彩陽はドレス、寿美菜子は(ライトの反射で)光る衣装など、曲より衣装の方が印象に残ってしまった。

だって3階の最前列は強制着席なんだもん。

豊崎愛生からの重大発表

ベストアルバム発売。

タイトルは『love your Best』

ベストライブツアーの布石か?

しかもなぜかアナログレコード盤発売とのこと。

レコードの再生機がいくらすると思ってるんだよ。それに全ての人が気軽に買えるわけでもジャンク屋で買って自分で直せるわけじゃないんだよと思っていたら普通に某ウェブ総合通販サイトで売っててびっくりした。

 ・寸劇

いろいろネタをかぶせるのはいつものことだが、いきなりきただにひろしの某アニメのオープニング曲を歌うなんて確実に笑うから反則レベル。あと、よそ様のネタを使うのはほどほどに。

そして始まるラップバトル。

バトル内で自分らの曲の歌詞を入れていくスタイルは嫌いではない。

無茶しやがって…(特に高垣彩陽)

 ・追加公演決定!

予想通りすぎる。しかも会場は2014年ライブツアーと同じく幕張メッセイベントホール。

日程は11月11日、12日の両日。

(転売屋ざまあみろ。名古屋公演を定価以上で買ったバカいねえよな?)

充電期間入りが1ヶ月遅くなったな。

 

個人的感想のパート

ライブの前に事前に席を調べていたら3階の最前列のため、安全のため強制着席を強要されるのではないかと危惧していたが、その予感は最悪の形で的中した。最悪の事態となったライブだったが、セットリストは普通、寸劇はやりすぎといういかにもスフィアらしいことをして、初日は終わった。

そして、サイリウム投げをやるような奴はもう二度と来ないでほしい。君のような奴のせいで本当に行きたかった人が行けなかったんだから。ペンライトの筒がバンドメンバーの平井武士の横に着弾したなんて情報もある。

ライブが中断したり終了したらどうするんだ。

 

明日へ続く。

(個人名は敬称略)

5/20雑記

忙しさにかまけてブログを更新しない間にオリックスが転落しソフトバンクが上昇して3位となったライオンズ。

 

なんで菊池雄星の時は援護できなくて佐野泰雄の時は援護できるのかはさておき、ライオンズは明日勝てば2位ソフトバンクまで2ゲーム差。オリックスは明日負けると5位転落(同率4位だが、昨年順位がオリックスより上の日本ハムが4位扱いとなる)。

 

西武の裏ローテも復調の兆しはあるが、覚醒したら強いがそれ以外の時はやや並以下の野上亮磨、実力不足の高橋光成、ピッチングに安定感がない十亀剣がローテーションで何を期待しろと。

 

しかし、良いニュースもある。

金子侑司が実戦復帰した。

19日に利府で行われたイースタンリーグ楽天戦からの登場で、19日、20日ともに2打席のみの出場。

出塁率7割5分はさすが。

早ければ26日の楽天戦からの一軍復帰だと思われるが、復帰が早いに越したことはないが、無理はしないでほしい。

さすがに週明けにいきなり一軍復帰は無いと思う。

交流戦からの復帰だと思うけど、どうなることやら。

 

 

スフィアライブツアーの神奈川公演(6/3,4)のチケットが届いた。

充電期間突入前最後のライブツアーである。

後悔はしたくない。

全力で楽しんでくる。

 

今回はここまで。

5/9雑記

世間は一昨日で大型連休が終わってきっちり仕事して動いている。

ライオンズは今日からきっちり仕事してもらわなければならない。貧弱投手陣と森友哉、金子侑司が不在の打撃陣で復調の兆しが見えるファイターズ相手に裏ローテでは勝率5割復帰はおろか勝つことすら難しいだろう。

いくら打撃陣が頑張っても投手陣が貧弱すぎては話にならない。

わかってるのか西武のお偉いさん。

チーム補強は最大のファンサービスなんだ。

勝てるチームにお客さんが寄ってくることは過去の栄光輝かしいライオンズが証明している。

投手陣も足りないんだが、ここはひとつリードオフマン的な外野手の外国人を補強するのも手である。

望むなら2010年のマートン(元阪神)レベルの選手は欲しいけど、現実問題西武のスカウトのレベルでそういう選手を獲得するのはまず不可能だろう。

マネーボール理論を用いた選手獲得というものを採用するのも手ではある。

投手であれば球の速さではなく、与四球と被本塁打の少なさ、奪三振の多さを重視し、打者であれば出塁率長打率、選球眼を重視するといったもの。後者が完璧な外野手の選手は西武ではほぼいない。外野手の外国人選手獲得を急いでもらいたいものだ。

スカウトにしても、データ重視のスカウトが少なすぎるもしくは皆無と言われる始末。

いくら東京六大学で失敗したからといって地方の富士大学(岩手)などを重点的にするのは良くない。多和田なんか結局今は1.7軍レベル、呉は全てにおいて源田以下のため二軍でくすぶる始末。はっきり言えば実力不足だ。

高橋光成てめえもそうだからな。

実力不足なのに未成年喫煙を疑われるな。

勝てる投手になるには人一倍努力して相手も自分も研究する。そういう草の根の努力なくして勝利には結びつかない。

素材どうこうではない。与四球を少なくして奪三振の多くするように努力することが今の西武の全ての投手に求められることである。

全ての先発投手が最多奪三振争いに加われば苦労しない。

鈴木葉留彦は今年での解雇を望む。

今年いっぱいでの解雇を約束しなければ株主にもそれなりに影響が出る。

もし解雇せずに鈴木葉留彦が留任するなら球団事務所をファンが包囲するだろう。

代表取締役社長の居郷はおそらく今年秋開業予定の名古屋プリンスホテルに異動させられるだろう。彼は赤坂プリンスホテル出身のホテルマン。野球経験があってもチームを低迷させるような奴は球団から去れ。資料室勤務がお似合いだ。

 

充電期間突入前のスフィア最後のライブツアーまであと1か月を切った。

楽しみと同時に終わらないでくれという気持ちもある。

 

解散はしません

 

この言葉だけが頼りである。

 

今回はこのくらいで

4/28雑記

ライオンズ悪夢の3連敗から1日。

投手がヘボじゃ勝てんわ。

昨年最下位のオリックスバファローズはどこへやらという強さを見せつける一方、日ハム、ロッテの熾烈な最下位争いは止まらない。

 

今日もライオンズは不甲斐なく、勝てる試合を引き分けにするという不手際。

打てないやつを2軍へ送れ。というか金子侑司と森友哉は早く帰ってきてくれ(切なる願い)

ホークスとバファローズ大阪クラシック

今日のバファローズ江夏の21球の時のユニフォーム。ホークスは昔の南海のユニフォーム。

あの縦縞はあぶさんでしか見たことない。

 

今日はこのくらいで

 

 

4/5雑記

埼玉西武ライオンズは期待を裏切り本拠地開幕戦を落とした。

森友哉、金子侑司不在では攻撃力に決め手を欠くに決まってる。

ここまでずっと栗山をDHにしているが、レフト栗山、DH山川ではいかんのか?って思ったのは今日のスタメン発表まで。

しかし、このスタメンでも負けるね。

ライオンズが首位じゃないと許せない人種はもういないと思うけど、もしいたら腹を立てていることだろう。

私は今がどうあれ最後に3位なら万々歳だと思う。

 

 

 

 

 

ボーナストラック

いろいろときな臭い空気やらきな臭い情報が満ち溢れて来ている。

 

望もうと望まぬとも戦争が避けられない状況である。断っておくが、他国の話である。

 

動きはいろいろある。

今後の日中関係の進め方や双方の関心を有する地域情勢等について幅広く意見交換をするとのこと。
  • 4月6日と7日に米中首脳会談。
  • 韓国軍とアメリカ軍の情報が北朝鮮に漏洩。
ただし、韓国軍の情報流出は織り込み済みという識者の意見もある

なかなか大変な話である。

しかしマスコミの大半は日本を貶める勢力であるので、マスコミに頼らず自分で情報を手に入れられない無能は死ねということである。